レビュー

上履き洗いはウタマロクリーナーにお任せ!上靴を洗ってみました。子どもの一人洗いにもおすすめ!

こんにちは。クエ美です。

子どもの上靴洗いって、毎日ではないものの、なかなか大変な家事ですよね。

うちの子は、幼稚園が1週間に1回、小学校が2週間に1回持ち帰ります。

今まで、靴専用の洗剤を使っていましたが、ゴシゴシこするわりには汚れが落ちないし、
洗剤の水色が、上靴の白に染み込んで、すすぎにも時間がかかっていて…。

金曜日になると、あー、またこの日が来たか、とちょっぴり憂鬱でした。

最近、上の子が、自分の上靴を自分で洗うようになりました。

そのタイミングで、アトピー体質で乾燥肌の子どもの肌に、少しでも優しいものをと、今まで使っていた靴専用洗剤から、ウタマロクリーナーに変更。

試しに私が、ウタマロクリーナーを使って、幼稚園児の上靴を洗ってみたところ、使い心地、汚れ落ちともに満足のいくものでしたので、紹介したいと思います。


こんな方にオススメの記事です

・上靴の一人洗いを始めた子どもに
 簡単に使えるものが知りたい方

きれいに靴の汚れが落ちる
 洗剤をお探しの方

手が荒れにくい洗剤が欲しい方

・お家にウタマロクリーナーが
 ある!という方

上靴を実際に洗ってみました

これが洗う前の上靴。
よくもまあ、1週間でこれほどまでに汚れるな~と言うくらい、毎度毎度、けっこう汚いです。


こちらが、今回使用するウタマロクリーナー。


主成分がアミノ酸系洗浄成分の中性洗剤です。

ウタマロクリーナー作っている㈱東邦は、『ツンとした嫌な臭いもなく、素手でも使える』と紹介しています。
(ただし、お肌が敏感な方や、長時間使用する場合は、手袋の使用が勧められています。)

それでは早速、このウタマロクリーナーを使って、汚れた上靴を洗っていきたいと思います。

1⃣ 洗面台に40度くらいのぬるま湯を溜めて、上靴を浸けます。
(もちろん桶やバケツでもOKです。)

上靴に向かって5、6か所ほどスプレーして、石鹸を溶かします。
このまま浸け置き、30分~⌛

私は、とりあえず帰ったら、ここまではやっておき、他の家事がひと段落するまで放置しています。

2⃣ 栓を抜いて、ぬるま湯を流します。
ぬるま湯が抜けたら、上靴をブラシでこすります。

我が家ではいつも使い古しの歯ブラシを使用しています。

スプレーを追加しなくても、上靴に石鹸がついているので、こするといい感じに泡立ちました。

3⃣ ゴシゴシし終わったら、上靴を水で泡をよく流します。

泡なので、洗剤の着色もなく、さーっと流れていきます。

4⃣ その後、1晩、乾燥させます。
これが乾燥後の上靴です。
(同じ撮影条件下での比較になるように、洗面台で撮影しています)

どれだけ汚れが落ちたのか、before‐afterで比較

洗う前のものと比べてみました。

足の甲の部分や中敷きの黒ずみがとても綺麗に落ちていることがわかります。

靴の先のゴム部分の汚れもピカピカになりました。

最後に…

その後、小学生の子どもにも、自分で上靴を洗ってもらいました。

固形石鹸のように直接石鹸を持つ必要もないし、液体石鹸のように量を出しすぎることもなし。

スプレー式というのが子どもにとっては、とても使いやすかったようです。

また、使用後も、アトピーのところが悪化することもありませんでした。

上靴の方も、子どもの力で汚れは十分落ちており、満足のいく仕上がりでした。

スプレー式で手軽に使えて、しかも、しっかり汚れが落ちる。

我が家の上靴洗いは、ウタマロクリーナーで決まりです!