レビュー

長く使えたおもちゃ「室内用折り畳みトランポリン」を紹介。2歳3歳のプレゼントにおすすめ!

こんにちは。クエ美です。

子どもの誕生日や
クリスマスのプレゼントって
何をあげようか、とっても悩みますよね🎁(´ε`;)

我が家もそうでした。

2歳や3歳の頃は、
欲しいものをちゃんと伝えてくれないし、
何でも興味がある分、少し使ったら
すぐに飽きられてしまったりして。

何を選べば、楽しく使ってもらえるか‥
とても困った覚えがあります。

子どもが欲しい物を
教えてくれるようになるまでは
できるだけ長く使えそうなものをと
私やム太郎が考えてあげていたのですが

子どもが小学生になった今、
幼児期を振り返って
「これは買ってよかったな」
と2人が共通して思っているプレゼントがあります。

それは
『室内用のトランポリン』です。

今日はこちらを紹介していきたいと思います。

5年経ってもまだ現役!室内用折り畳みトランポリンがオススメな訳

今日紹介するのはこちらの
『MRG 室内用折り畳みトランポリン』です。

サイズ感はこんな感じ


これを購入したのは、2017年の1月。
今からちょうど5年前です。

このトランポリンを買った当初は
上に乗って⇔降りて
を繰り返したり、
時には歌を歌うステージにしたり。

時々、私が両手を繋いで支えてやると、
ぴょんぴょん跳ねて遊んでいました。

でも、子どもが1人で飛べるようになるのなんてあっという間。
気づけば、自分で跳べるようになっていました。

そして、大きくなって
数が数えられるようになったら
100回跳びにチャレンジしたり、

タイマーで計って
5分間跳ぶという謎の体力トレーニングをしたり(;’∀’)

現在は、上で縄跳びを跳びながら
トランポリンをしたりしています。

そうです!

5年使えたどころか、
今もまだ現役
なんです(^^;

少しずつ遊びを進化させながら
兄弟2人で楽しそうに遊んでいます。

MRG 室内用折り畳みトランポリン のメリット

長く使えたこと以外にも
トランポリンを購入したことで
よかったと思うことがいくつかあります。

①運動になる

我が家は賃貸マンションで、
外に出てすぐ遊べるような庭もありません。
遊びに行くとしたら近くの公園まで
連れて行かないといけない💦

ところが、時間帯によっては
ご飯の支度があり連れて出られなかったり
雨で外に出られない日もあったり。

そんな時でも
このトランポリンで遊んでくれれば
天候や時間帯を気にすることなく
遊び感覚で運動できている
のは
とても助かりました。

また、現在のようなコロナ禍で
なかなか遊びに連れ出せないという時でも
あって良かった
と思える遊び道具です。

不思議なことに子どもって
ずーっと跳ねていられるんですよね。
それだけやって疲れない?と言うほど跳び続けています。

大人ではそうはいかない💦
私なら1分も跳べば、限界がきます(←体力無)

②体幹が鍛えられる

トランポリンは、シェイプアップや
ダイエット、トレーニングでも
使われることの多い器具ですよね。

不安定な場所でジャンプすることにより
普段使わないインナーマッスルも刺激され
体幹が鍛えられていく
のだそうです。

ただジャンプしているだけ
のようですが、全身運動になっています。

子どもの頃から色んな筋肉を使い
体のバランスを良くすることは、
これからどのスポーツをするにも

とても大切なのではないかと思っています。


③2歳でも楽しめる

1人でしっかり歩けるようになったら
2歳くらいの子どもでも楽しめます。
(1歳代の子どもでも跳んでいる
という口コミもありました👏スゴイ)

最初は、両手を繋いで跳んでもらえば
跳び方がわかった後は自分でできるようになることが多いようです。

そういえば、我が家の下の子は
まだ自分で跳べない1歳くらいの頃、
上の子が飛んでる隣で座り
ボヨン〰ボヨン〰とお尻が弾む振動を
楽しんでいた時期もありました(笑)
とすれば、2歳よりもっと早くから楽しんでいたかも…??( ´艸`)

④アレンジした跳び方でさらに楽しめる

普通にジャンプで終わらないのが子どもで。
近くにソファーがあれば、ソファからトランポリンに向かってジャンプ💨

近くに布団があれば、トランポリンからのマット運動への連続技🌀

縄跳びとコラボ、フラフープとコラボと
徐々に難易度を上げながら
どんどんと遊びを見つけていきます。

単調な遊びだからこそ
工夫次第で楽しみを広げていけるのも
魅力の一つ
だと思います。

※ただし、正規の使い方ではないので
けが防止のためおすすめはしません。
あくまでも我が家の場合です。

⑤大人も使える

子どもの遊びのためだけのものではありません。
このトランポリン、購入当時でも耐荷重は100㎏!

大人であっても大抵の人が
トレーニングやシェイプアップのために
一緒に使用することができます。

また小さな子どもであれば
2人乗りが可能です。

ちなみ2022年現在は、
私が購入した時よりも改良されており
耐荷重が115㎏までUPしています。

ここまで行けば
とても安心感がありますね♪

⑥音が静か

賃貸住宅にトランポリンを設置するのに
音の静かさはとても重要なポイントです。

このトランポリンは、接続部が
金属のばねではなく太いゴムで繋がっています。

そのため、跳んだ時に金属の軋むような音がなくとても静かです。
商品説明には、音は40dbで
図書館と同じくらいの静かさ
という記載があります。

また、振動による階下への影響も心配なところですが
専用のマットが売られており
一緒に購入することができます。

このマットを敷いていれば
同じ部屋にいても音が響いて気になることはありませんし
少なくとも我が家では
階下の方から、音がすると言われたことはありません。

また、フローリングが傷ついたり
畳に跡が残ることもありませんでした。
(何度か引っ越しているので、
フローリングや畳など置き場所は色々試しました。)

その代わりに
トランポリンの脚を退けてみると
この通り↓↓

マットには脚の跡が
くっきり残っています(^^;


⑦男女とも使える

女の子でも男の子でも共通して遊べる
遊び道具だというのもメリットだと思います。

女の子同士でも、男の子同士でも
姉と弟や兄と妹など男女の兄弟であっても
仲良く(喧嘩しながら?笑)
遊んでくれること間違いなしです。

⑧ゴムバンドで安心

トランポリンで跳んでいる時に勢い余って
接続部の隙間に足を挟まないか
心配で、カバーも一緒に購入していました。
(これはデメリットに書いていますが、後に破れてボロボロに…)

現在は子どもも使い方に慣れてきたので
カバーなしで使用していますが
接続部分が太く平らなゴムでできているので
万が一足が当たってもケガをしにくいし
寝転がっても髪の毛が絡まりにくい
ため
安心して見ていられます。

5年使った今も、ゴムが劣化して
気になるということはありません。

MRG 室内用折り畳みトランポリン のデメリット

一方、デメリットとして考えられることや
購入前に知っておいた方がいいことは
こちらです。

①場所を取る

トランポリンの大きさは直径102㎝
マットの大きさが120㎝×120㎝と、
普通のおもちゃに比べれば、やはり大きいです。

これを置けるだけのスペースを確保する必要があります。

もちろん、ジャンプするので、
ある程度の高さも必要になります。

②カバーが破れる

先ほど少し書きましたが、
トランポリンの接続部には
専用のカバーがあります。


トランポリンを買った時に
一緒に購入したオレンジ色のカバーは、使って数ヶ月で破れてしまいました。

しばらくボロボロのまま使って、
一年くらいで新しいのに変えましたが
これも使って数ヶ月で同じ結末を辿ることに…

二代目がボロボロになってからは、
子どももある程度、大きくなっていたので
足を挟む心配もなくなり
それ以降は、カバーなしで使用しています。


③組み立てが必要

トランポリンは
折り畳まれている状態で届き
組み立てる必要があります。

組み立ては、
畳まれているトランポリンを開いて
カバーを付けた後、脚をネジ式に
つけていくだけで
難しくはありません。

しかし、畳まれた状態から
開くのに力がいるので
そこだけは2人でやった方がやりやすかったです。

同様に折りたたむのにも力が要るので
我が家では、引っ越しの時以外は
畳まず、基本出しっぱなしです。


④スプリングよりは弾まないのかも?

安全面から言えば
接続部がスプリングでなくて
ゴムでできているので
挟まった時のケガは少なくて済むのかもしれませんが
弾むことを楽しむのであれば
ゴムよりもスプリングの方がよく弾むのかなと思います。

ただ、比較したわけではありませんし、
我が子はゴムの方でも十分楽しんでいます。

最後に…

今日は我が家で買って良かったプレゼント
『 MRG 室内用折り畳みトランポリン 』を紹介しました。

いくつかデメリットとして
考えられることはありますが
それ以上に、子どもの遊んでいる量を考えれば
我が家では間違いなく
買って良かったと思っています。

今のところ
購入したおもちゃの中で
使用年数 No.1🥇✨

そして、子どもからの
人気もNo.1です🥇✨

★お子さんのプレゼント選びに悩んでおられる方

★子どもに楽しく運動させたい方

★雨の日の遊びに困っておられる方

この記事を
素敵なおもちゃ・プレゼント選びの
参考にしていただければ嬉しいです💖

※現在 販売されている最新モデルは
私の撮影した写真より以下の点が
改良されています。

2017年4月~
・ロゴをなくしシンプルなデザインに変更
・フレーム部分をグレーからナチュラルカラーに変更

2018年8月~
・ゴム部分が緑からグレーにカラー変更
・耐荷重115kgにUP