注文住宅

【入居前ルームツアー】②リビング 木とグレーと黒のお家の内覧会

こんにちはクエ美です。

先日、引き渡しを終えた我が家。

どんなお家かをさらっと紹介するためにルームツアーを行っています。

まだお家が綺麗なうちに…(←あっという間に汚れる予定🤣)
見ていってもらえると嬉しいです✨

第2回の今日は、家族がいる時間が一番長いリビングです。

我が家のLDKポイント

  • 吹き抜けリビング
  • リビング階段
  • 大きな耐力壁
  • 床は無垢のオーク材

吹き抜けで開放的なリビング

こじんまりとしていて、ダーク系の色味で抑えた玄関とは対照的に、ドアを開けた時にパッと広がる、明るく開放的な雰囲気を目指しました。

階段下に荷物が…(〃艸〃)

南東側にある吹き抜けには、大きな窓を設けています。

外気温の影響をできるだけ少なくするために、窓ガラスはトリプルガラス。

ム太郎の気密断熱へのこだわりです。

ソファやテレビのある場所は、低めの天井で落ち着ける空間に✨

窓の方に視線を向けると、外に視界が広がり、実面積よりも広く感じられるように工夫しています。

窓のシェードが閉まっていて伝わらないですが…😭

吹き抜けにすることで、音や匂いの問題などデメリットも色々と言われていますが、我が家はリビングの開放感を優先しました。

これが吉と出るか凶と出るか…
少し不安の残るところです。

リビングに大きな耐力壁

吹き抜けで抜けた部分をカバーし、耐震性を上げるために、リビングには大きな耐力壁があります。

設計段階では、せっかく広々とした空間に壁か😢💦

と思っていましたが、アクセント壁にしたことで、空間にメリハリができ、出来上がった今はとても満足しているポイントです。

アクセントに使用したのは、リクシルのエコカラットです。

メーカー:リクシル
商品名:ディニタ
型番:ECP-2520NET/DNT1
色:ホワイト

この耐力壁の裏側に、隠れるように子ども用のスタディスペースも作ってもらっています。


テレビへの視線は遮られ、程よく集中できるスぺースです。
(スタディスペースについてはまた後日紹介する予定です。)

リビングにオープン階段を採用

悩みながらもリビングに作ることにした階段。

せっかくなので、オープン階段にしました。

黒のスチールが、リビングの雰囲気を引き締めます。

もう少し子どもが小さかったら、オープン階段は諦めていたでしょうが、小学生ともなればスタスタ昇り降りしています。

ちなみに…高所恐怖症のム太郎は、まだ足がフワッとするようです( ´艸`)

階段の2段目は、広めに作られており、そこに腰掛けたり、観葉植物を置いて楽しむ予定です。

設計士さんいわく、こういった”余白”が大事なんだそうです。

程よい高さなので、〝なんでも物置”にならないように気を付けないと(^^;

リビング階段については賛否両論ありますが、これについては、使用してみて、また感想を書きたいと思います。

リビングの内覧会はこんな感じでおしまい。

次回は、キッチンの予定です🎶
お楽しみにー♡