注文住宅

ランドリールームとファミリークローゼットで家事ラク動線【クエム家のマイホーム~野望編~】

こんにちは。クエ美です。

今日は、新築の間取りの中で
こだわったポイントの一つ
ランドリールームについてのお話です。

ランドリールームとは
洗う→干す→畳む→
→アイロンかけ→しまうなど
洗濯に関する家事がその場だけで
完結できる部屋のこと。

ランドリールームを作るには
メリットはもちろんですがデメリットもあり
いらない!という意見も時々目にします。

様々な意見を考慮した上で、我が家では
ランドリールームを作ることに決めました。

そして、ハンガーにかけたまま
クローゼットにしまうことによって
畳む作業そのものを省きました。

今日はランドリールームと
ファミリークローゼットを
作るに至った経緯について
書いていきたいと思います。


1⃣ 『洗濯』『干す』『畳む』『しまう』でウロウロ。賃貸での我が家の現状

お家を建てる時に
私の中で大切にしたポイント、それは

” 家事動線 ” です。

3大家事と言えば、掃除・洗濯・炊事。

中でも、洗濯があまり好きではない私は
いくら洗濯機が洗ってくれるとはいえ
とても面倒に感じている家事です。

我が家は共働きで
朝の決まった時間に洗濯物を干したり
雨が降ってきた時に
取り込んだりできないため
部屋干しをしています。

干す場所は
以前はリビングにしていましたが
リビングに生活感が出ることや、
生乾きや匂いが気になる💦

そこで2年ほど前から、
あまり使っていなかった物置部屋に
除湿器を置いて乾かすようになりました。

そのため、現在、我が家の動線は


①脱衣所にある洗濯機で洗う
     ↓↓↓
②乾燥部屋に洗濯物を運んで干し
 除湿器を回す
     ↓↓↓
③乾いたら洗濯物を取り、リビングに運ぶ
     ↓↓↓
④洗濯物を畳み、各自の部屋に運んでしまう

と、色々な部屋をウロウロして
洗濯という一連の家事を終えています。

新居を建てるにあたって
この無駄な動きをできるだけ少なくして
少しでも洗濯に関する面倒なことを
省いていこう
と考えたのです。

2⃣ 『干す』を省略!?乾燥機付き洗濯機を選ばなかった理由

洗濯への負担を減らすために
まず工務店から提案されたのは
乾燥機能付き洗濯機でした。


洗濯物を洗濯機に入れてしまえば
乾燥まで放っておけば洗濯が終わり!
あとは、畳んで収納するだけ。

干す作業がないというのはやっぱり楽。
手のかからない方法であることは確かです。

でも、これを選ばなかったのには理由があります。

実は、我が家もドラム式の
乾燥機能付き洗濯機を使っていました。

ところが、年数が経つにつれて
乾燥後の洗濯物の臭いが強くなっていき💧

購入から10年以上経った頃には
乾燥機で乾かした後でも
その臭いが嫌で、洗い直すこともありました。

メンテナンス不足による、
層内部の汚れやカビが
主な原因だろうと思いますが、

そもそも、使用していたドラム式乾燥機が
低温で乾かす「ヒートポンプ式」
であったため、
洗い残った菌が繁殖しやすかったのではないかと考えています。

何度 層洗浄をしても、臭いは全く改善されず…。

今はもっと性能の高い乾燥機付き洗濯機が出ているでしょうが
あの臭いには、もう耐えられる気がしません(;^_^A

また、その他にも

  • 洗濯物の量が多いと生乾きになる
  • 乾燥後に乾燥フィルターを毎回掃除をする必要あり
  • 排水パイプの汚れ具合も増し、そちらの掃除に手をとられる

というデメリットも気になっていました。

3⃣ 『干す』を省略!?
独立衣類乾燥機の設置を選ばなかった理由

そこで、次に提案されたのは
衣類乾燥機を、洗濯機と別に設置することです。

特にオススメされたのが
こちらの『乾太くん』という名の乾燥機。

『乾太くん』は
5㎏の洗濯物で約50分と乾燥時間が短く
生乾きなしでふわふわに仕上がると
最近人気の高まっている商品です。

洗う・干す・畳むのうちの
『干す』作業が省略でき
さらに嫌な臭いなく仕上がるのは
とても魅力的✨

ですが、
乾太くんを使用するには
ガスをひかないといけないので
オール電化予定だった我が家では
採用しませんでした。

となると次に候補に挙がるのが
電気式の衣類乾燥機。

ガス式よりも、乾燥に時間がかかりますが
導入コストが低いこと
設置に特別な工事が不要なことがメリットです。

電気式の衣類乾燥機は、何種類か
販売されています。

大手メーカーの一例を挙げると…

日立

洗濯容量:4㎏、5㎏、6㎏の3種類

東芝

洗濯容量: 4.5㎏、6㎏の2種類

Panasonic 

洗濯容量: 5㎏、6㎏の2種類

シャープ

洗濯容量: 6㎏の1種類

最近は、洗濯機についている乾燥機能が
どんどん進化しているためか、
乾燥機単独の物は、選べる種類は少ない印象です。

花粉対策や除菌など
各社、魅力的な特徴はありますが
口コミなどを見ていると
やはり、ガス式の乾燥機と比べ
パワーが弱く、乾燥に時間がかかったり
生乾きにもなりやすいようで…。

電気式乾燥機は、基本は外干しで
👆急いで乾かしたいものだけに使う
👆干して乾ききらなかかったものに使う

といった限局的な使用、
もしくは1人~2人暮らしであれば
とても便利だと思います。

我が家は4人家族で、
洗濯物の量も多いですし
“洗濯の簡略化”が新居での目的。

限局的な使用は我が家には
適していないと考え
電気式乾燥機は選びませんでした。


ここまでのことから
『干す』を省略することは難しい…
(´ε`;)ウーン…

それならば
『畳む』を省略してはどうかと思い、
畳まない収納を選ぶことにしたのです。

4⃣ 『畳む』を省略!
ランドリールームとファミリークローゼットを計画

新居では

  • 脱衣所を広くして、そこに洗濯物を干すスペースを作ること
  • 乾いたら、ハンガーにかけたままの状態でクローゼットにしまえること

を考え動線を作っていきました

脱衣所には、洗濯機の他に、ハンガーポールと収納棚(ハンガーにかけないもの用:下着・靴下・タオル・パジャマ)を設置しました。

そして、洗濯→干す→しまう
を脱衣所 兼 ランドリールームで完結✨

また脱衣所の収納棚に入りきらない
服やズボン類は、ハンガーにかけたまま
向かいのファミリークローゼットに
収納することにしました。

5⃣ 最後に…

結論として我が家では洗濯物を脱衣所で干し
乾いた洗濯物をハンガーにかけたまま
ファミリークローゼットに収納するという方法を選びました。

この方法にももちろん
メリットとデメリットはあります。
でも、我が家のライフスタイルには
これが合っているのではないかと思っています。

実際に使用するようになれば
ランドリールームと
ファミリークローゼットの使い心地

使ってみて感じた
メリット・デメリットなどを
レビューしていきたいと思います♪