注文住宅

クリナップキッチン流レールシンクってどうなの?使用した感想を正直レビュー

こんにちはクエ美です。

我が家のキッチンはクリナップのステディア。

つける設備については色々悩みましたが、使用してみた率直な感想をまとめています。

【レビュー】クリナップキッチンのセラミックトップで叶う!おしゃれと実用性の両立。 こんにちはクエ美です。 我が家のキッチン、こだわったのは天板。 我が家はセラミックトップにしました...

クリナップキッチン、ステディアの洗エールレンジフードは採用したら後悔する? こんにちはクエ美です。 つける設備については色々悩みましたが、使用してみた率直な感想をまとめています。 ...

クリナップキッチンのタッチレス水栓は必要か。我が家は普通の水栓で良かったと思う理由 こんにちはクエ美です。 我が家のキッチンはクリナップのステディア。 つける設備については色々悩みま...

今回は、シンクについてです。

クリナップの特徴的な設備の一つに流レールシンクというものがあります。

流レールシンクとは、シンクに傾斜をつけることでシンク内の野菜くずや汚れなどを、水の流れでレールをつたい、排水溝の方へ流してくれるというものです。

クリナップのステディア、セントロという商品でつけられます。

この便利そうな流レールシンクですが…

私は残念ながら期待していたほどではなく、ちょっとがっかりしました。

今日はその理由を、流レールシンクを使用した感想とともに紹介していきたいと思います。

私が流レールシンクをつけた理由

クリナップには、流レールシンクの他に、美サイレントシンクというものも存在します。

美サイレントシンクは、汚れを防止するための親水性コーティングは施してありますが、シンク内に水が流れるレールなどはついていません。

排水溝が真ん中にある至ってシンプルなシンクです。

⇒画像出典:美・サイレントシンク|シンク|ラクエラ|クリナップオンラインショールーム (cleanup.jp)

その2種類のシンクの中で、なぜ私が流レールシンクを選んだのかと言うと、私の条件ではそれしか選べなかったからです。

流レールシンクか美サイレントシンクは、キッチンのグレードや天板によって選べるものが決まっています。

例えば、ステディア(対面)で天板とその対応シンクをまとめると、下の表のようになっています。

ステンレス
天板
アクリストン
天板
コーリアン
天板
セラミック
天板
流レールシンク
ステンレス
流レールシンク
アクリストン
美・サイレントシンク

我が家のキッチンは、天板がセラミックトップです。

そのため、選べるのは流レールシンクのステンレスのみとなり、必然的にシンクが決まってしまったわけです。

流レールシンクでなくても良かったと思う理由

流レールシンクの期待外れだった点を挙げてみました。

  • 水の流れはできるが、ゴミは流れない。
  • 箸が転がってレールにはまる
  • 美サイレントシンクより価格があがる

今まで賃貸のシンクでは、溜まっていた野菜くずなどをコップなどを使って流してたので、この流レールシンクがあればそんな作業も不要になる!ととてもワクワクしていました。

でも、残念ながら…

期待していたほどの効果が得られませんでした。

流レールシンクに水を流せば、確かに水の流れはできます。

レールに向かって水が集まっていき、レールから排水溝に向かう様は見事です。

ここまではショールームでも体験していました。

でも実際に料理に使ってみると、肝心のゴミが流れません。

もっと正確に言えば、シャワー水栓が当たる位置に野菜くずがあり、水の勢いが強いと流れていくものもあります。

でも実際には、そんなに勢いよく水を流さないし、水を出しっぱなしにもしないので周りにある野菜くずは全く流れません。

結局は毎回、水栓のホースを伸ばしてシンクの隅から水を流してやるという作業をしなければなりません。

さらには、お箸など転がりやすいものがシンクに置かれていると、傾斜によりレールの方に転がって行ってしまうので、水の流れをせき止めて余計に流れを悪くしてしまうこともあります。


セラミックトップの我が家には、この流レールシンクしか選択肢がありませんでしたが、もし美サイレントシンクを選べたなら、それを選んでいた方が価格的にも減額できたのではないかと思ってしまいます。

流レールシンクの流れる様子

実際に、野菜くずに見立てた画用紙を、シンクに流してみました。

満遍なく画用紙をばらまいて…

まずは、通常のお皿洗いの時に使う水洗の位置から水を流してみます。

水の流れに乗れる画用紙は、レールに運ばれた後、排水溝の方に流れていきました。

水の流れのないところは画用紙が全く動かないので、水栓の位置を最大まで左に移動して流してみます。

流れる範囲は増えましたが、やっぱり水が直接当たらない所が結構あり、すべての画用紙を流すのは難しかったです。

流レールシンクはシンクとしては普通にいい

商品名からのイメージで、”流れる”ということに私が期待しすぎていたため、流レールシンクはいまいちだったなと感じていますが、シンクとしてはいい点も結構あります。

  • 排水溝が片側寄り
  • 排水溝が浅型で凹凸が少ない
  • 汚れがつきにくい
  • 音が静か

流レールシンクは美サイレントシンクと違い、排水溝が片側に寄っています。


それにより、シンクの見た目がとてもすっきりして見えます。

機能的にも片側にある方が、シンク内のゴミを掃除する時に集めやすいです。

また、排水溝が浅型なのも気に入っています。

網かごの凹凸も少なく、掃除がしやすいので助かります。

⇒画像出典:クリン網カゴ (CENTRO/STEDIA/S.S./クリンレディ用) | クリナップオンラインショッピング (cleanup.jp)

シンクに油汚れがついても、すぐに水で流せば、汚れがこびりつくこともあまりありません。

音は静かで、リビングでくつろぐ家族の邪魔にもならないし、水撥ねも少なくてワークトップが濡れずに済みます。

※我が家では、網かごのカバー(排水プレート)と洗剤を入れるかご(クリンラック)は外して使用しています

最後に…

クリナップの流レールシンク。

期待していただけに、野菜くずなどが流れないのはとても残念でした。

でも、メンテナンス面で見れば汚れがつきにくく、綺麗なシンクが保てます。

あとは価格との相談というところでしょうか。

シンクを迷われている方の参考になれば嬉しいです。

\食器洗いのスポンジ、我が家はこれ!泡立ちよくてヘたらない/

\食器用洗剤はこれに入れてます✨丸みが可愛い♡/

\キッチンの手洗い石鹸はオートが便利です✨/