お弁当

すが入らない茶碗蒸し!ミニサイズが可愛い。お弁当にもオススメ!

おはようございます。クエ美です。
今日のム太郎弁当です。

本日のお弁当メニュー

  • さわらの醤油漬け
  • 大根ステーキ
  • 人参の煮物
  • 栗の甘露煮
  • ナスの揚げびたし
  • 茶碗蒸し

今日はサワラの和弁当🌸
と言うことで…
副菜に茶碗蒸しを入れてみました✨✨

茶碗蒸しと言えば定番の
海老、鶏肉、かまぼこ、銀杏の他
地域によって入れる具材は様々…。

一例を挙げると

栗の甘露煮(北海道・青森・秋田)
豆腐(京都)
うどん(大阪・岡山・香川)
梅(和歌山)
春雨(鳥取)
お餅(岡山)

などなど。

種類は全然違うけど
確かにどれも 茶碗蒸しに入っていたら
美味しそうです(^^♪

今日は、その中でも
ボリュームが出そうな うどん入り茶碗蒸し
『小田巻蒸し』を作ってみました♪

しいたけは大きすぎるので
しめじを切ってシイタケ風で作っています♡

そしてやっぱり❣
お弁当にいれるなら
”す”が入らないようにキレイに
入れたいですよね💖

今日は、す が入らないようにする
ポイントも合わせてご紹介しますよ✨✨

茶碗蒸し(小田巻蒸し)レシピ

〖材料(4人分+お弁当用ミニサイズ2個)〗

《卵液》
卵 2個(110mLでした)
水 305mL
白だし 25mL
(卵:水+白だし=1:3が目安)

《具材》
ほうれん草、かまぼこ、しめじ、銀杏の水煮など 適量
茹でうどん 一人前

白だしはこちらの
『にんべんの白だし』を使用しました⇒※2

〖作り方〗

① しめじはほぐし、かまぼこは薄切りにします
ほうれん草はゆがいて冷水にとり、水気をよくしぼっておきます
うどんは水でほぐしておきます

ミニサイズ用に、しめじの頭の部分に切り込みを入れてしいたけ風に、かまぼこは半分に切っておきます

② 卵を割り入れ、箸で切るようにほぐします

クエ美

この時に卵が泡立つと、蒸したときに「す」が入る原因になるので注意です⚠

③ 卵がしっかり混ざったら、白だしと水を入れて泡立てないように混ぜます

④ ③を網でこします

⑤ 気泡がある場合はスプーンなどで取り除いておきます

クエ美

これも「す」が入らないようにするポイントです!

⑥ 器に具材を盛りつけます
上にあるものは卵液から顔をだし、茶碗蒸しの飾りになる部分なのでバランスよく♪

⑦ ⑤の卵液を具材が少し顔を出すくらいまで注ぎます

⑧ アルミホイルで蓋をし

⑨ 水を入れて温めておいた蒸し器にセットします

クエ美

高温をさけるために、蓋の下に菜箸を置くか、少し蓋をずらしておくと「す」が入りにくくなります

⑩ 蓋をしてから強火で3分、その後弱火にして10分加熱します
そのまま5分蒸らして完成です
火加減は調理器具によって異なるため、加熱時間は調節してください

最後に…

今日は、晩御飯のついでに作れる
お弁当用ミニ茶碗蒸しのレシピを紹介しました。

ツルっと美味しい茶碗蒸しにする
ポイントは大きく分けて次の3つです。

すがはいらないためのポイント

① 卵とだし汁の割合に注意
卵に対してだし汁の量が多すぎると
なかなか固まらず
火を強くしたり、加熱時間が長くなり
すが入りやすくなります。
卵の量を計量カップに入れて計り、
その約3倍のだし汁の量になるよう調節してください。

② 卵液を泡立てないこと
蒸す前から、卵液に泡が乗っていると
それが残ってしまいます。

卵を泡立てないように混ぜる
入った気泡はスプーンでとりのぞくなど
細かい点にも注意します。

③ 蒸す温度に注意
加熱時にすが入るのは
卵が固まる温度(約60℃)と
水が沸騰する温度(100℃)に
差があることが原因だと言われています。

急激な温度上昇がないように
鍋ぶたを少し開けたり
(菜箸で隙間を作ってもOK


強火で蒸し器の温度を上げたあとは
弱火で加熱するなどの温度調整により
防ぐことができます。

これであなたも
茶碗蒸し名人( ´艸`)

具材を色々変えて
作ってみて下さい♪

白だしを使用した他のレシピはこちらの記事に書いています↓↓

【これ1本で味が決まる!】白だしをふんだんに使ったお弁当レシピ4選 おはようございます。クエ美です。今日のム太郎弁当です。 本日のお弁当メニュー 白だしde鶏のから揚げ白だしdeだし...

ほな、今日も元気にいってらっしゃーい!